vライン脱毛は形にこだわって脱毛しよう

vライン脱毛をする時、形が悪いと見た目に影響が出てしまいます。

どれだけ綺麗にしたいと思っても、綺麗にできるラインを間違えてしまい、不格好なラインになるとむしろイメージを悪化させます。

綺麗に整えることも行いたいですし、理想的とされているラインを見つけることで、誰に見られても安心できるようになります。

vライン脱毛はストレートに脱毛する

まず考えたいところは、広範囲に広がっている無駄毛を取り除くことです。

かなり広範囲に広がっているままだと、見られてしまうと嫌な気持ちになりますし、結構恥ずかしいものです。

女性の中には剛毛であり、結構無駄毛が増えている方もいますが、vライン脱毛では真っ直ぐになるように脱毛します。

ストレートの形を考えると、より綺麗に見えます。

真っ直ぐにして、最小限の状態にしておけば多すぎることもなく、かと言って少なすぎて大事なところまで隠れていないこともありません。

適切な部分をしっかりと作ることが大事になるので、とにかく広すぎる状態をまずは小さくして、次に細めになるように調整しながら整えてもらうといいです。

理想のストレートを目指して、脱毛を繰り返すといいです。

ある程度の太さを残すか考えてvライン脱毛を

次にラインの太さを考えていきます。

ストレートにしても、かなり細い状態だと逆に隠れないことがあり、むしろ恥ずかしいイメージが出るかもしれません。

でも太すぎると嫌なイメージを持たれてしまい、逆に悪い見た目になります。

できればそこまで太くなく、そして細すぎないような形に調整するといいです。

ギリギリまで脱毛することは可能ですが、vラインで細くしすぎると後から気になる点が出てきます。

とりあえず1センチくらいを目安にして調整しながら、真っ直ぐ残してもらうといいです。
特に脱毛サロンを利用している場合は、あまり細すぎると調整がきかないので、最初のうちは少し残しておき、それでも足りないと思っているならもう少し細くしてもらうなど、形にもこだわっておきます。

女性らしく残りすぎていることは避けよう

vライン脱毛を受けている時に、ある程度残しておいたほうが安心できるように思われますが、女性は体毛が少ないと思われているので、残りすぎていることはマイナスになります。

形もストレートのほうがよく、三角形のような残り方はマイナスになるので、vライン脱毛では真っ直ぐになるように考えながら、範囲を決めて施術をしていきます。

結構大変かもしれませんし、実際に行う回数はかなり増えてきますが、脱毛サロンなどを繰り返して利用することで変わっていきます。

徐々に三角形からストレートに変わって、要らないところを全て排除できます。

後は残っている部分をどうするか考えておけばいいので、後から調整できる量にして、問題がなければ終了、気になるなら調整してもらうといいです。

vライン脱毛の形は真っ直ぐを目指そう

あまりにも残りすぎている状態は見た目が悪く、年齢を感じさせてしまいます。

真っ直ぐであまり残っていない状態が理想的で、太すぎず細すぎずがいい状態です。

太さは1センチくらいを考えつつも、それよりも細くして手入れをしなくてもいいくらいまで脱毛してもいいです。

後は納得できる範囲まで脱毛できるか、これが大事になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です